無能政府と偏向マスコミが国を滅ぼす


あっという間の4月です。
始まる,始める、若い芽、息吹き、何を表現すればいいのでしょう。
若い人に期待する、いや大丈夫だろうか?
そんな不安も残るのは自分の子供がなかなか成長しないからでしょうか。

私がこう言えば大体の人は親が知らん所では『しっかりしている』とうまく言われるので有りますが、何か今の若い世代と私達の昔ではかなり違う気がしてなりません。
今県庁は人事、学校は入学式。
いろんな団体でも役員の改選....いっぱいあります。

張り切る声、不満の声!私はよく言っているんです、求めるから不満がある「求めず、どうにでもなる」と気楽にやっていると、これまた人事なんて興味がなくなりますが妙にいるんですね〜
人事の下馬評を立ててまことしやかに話す人。
もう結論が出ましたが噂は噂でした。
ただ、ある新聞がいかにも独自の人事ネタとして書いていますが、あれ前もって分かっているシステムなんですよね。

かって私が記者をしていた時などは「何々社人事」と言って特別にある社を優先に扱っていた時がありますが、私は前から変わらないとか、この頃ちょっと変わったとか、その程度で新聞を読んでおりますし、いろいろ耳打ちをされても興味がなければただの話なんですネ。
さて、今新聞は消費税と国民新党、あるいは瓦礫問題と何か政府とマスコミが一体となった世論操作を感じてなりません。

特に知ったかぶりのコメンテーターがいつも同じ顔で何処のチャンネルを回しても同じ人のドヤ顔です。
恥を知れとは言いませんが皆さん、マスコミは国民の代表のような格好をつけていますがぜんぜん違うんです。
例えば、あるコメンテーターは毒まんじゅうを食ったとは言いませんが、ヨーロッパでは消費税が25%だから日本もそれくらいとか消費税は絶対に必要とのたまわります。

しかし皆さん、消費税が高いところは介護保険も自動車税も重量税もありません。
これ平均化すると日本が一番税金が高いんです。(偏向情報で世論誘導してませんか!)
また、国会議員の報酬を下げるとか、一人年間1億円の政党助成金を国民の税金から取るのは止めようとか、ガソリンが1L150円を上まわったら、揮発油税を止めるといった民主党の舌の根も乾かない公約について(ひとこと)も書きません、喋りません。
皆さんそんなに、毒まんじゅうは美味しかったのですかと、私は聞きたいです。

嘘つきはこの頃では、1番が官僚、2番がコメンテーター、3番がマスコミとも言われ、政治家つまり国会議員が隠れてしまいましたが、これも民主党のうまいまんじゅうや三枚舌というせんべいでも配っているんでしょうか?
しかも瓦礫処理でも人情的には国民の総責任とか、絆という言葉を乱用して国民の中でも詳しいことを知らない、ただ日本人の持つ情愛だけをいう人と、子供の将来や日本を汚すなといって心配する人をいい国民とか、非国民のように勝手に喧嘩をさせていますが、皆さん、一番悪いのは東京電力なんです。
ここを忘れてはいけません。
原発事故の対策を怠っていたのは東京電力。(別の話にすりかえてませんか?)

自分がしなければならない補償を国民の税金で行い、その国民から電気代を取り上げて苦しめ嫌なら電気を止めるとまるでヤクザのような態度の悪さ。
自分のまいた放射能を国民に処理させておいて、自分たちは高みの見物をしながら、日本一高い給料、日本一高い年金、一人平均600万円(国民は年40万円から180万円くらいまで)を取って国民を喧嘩させる。
これがバレそうになると黙って月500円の電気料金を上げておきながら、社長らが苦しい表情の真似をしながら月15円下げますと国民サイドの振りをして、さらに国民の税金から1兆8000億円を取ろうとしている。

強欲、恥知らず、ヤクザより悪い、後はもうなんて言えばいいのやら〜
国だってそうでしょ。
瓦礫が大変だ、大変だと騒がせておいてその処理に何兆円も使う体制づくりをしています。
つまり、瓦礫の処理を人情論で大変にしておいて、放射能の汚染で脅す。
そしてどこまで放射能があるかを明らかにしない。

一番いいのは東京電力がお金を出して瓦礫は東北で安全に処理をすればいいんです。
四国は放射能汚染のない、まして徳島くらい安全、安心な土地は無いんです。
全国に信用がある徳島に瓦礫が入ったとなりますと、もう放射能の心配が出てきます。
だから立派なそして毒まんじゅうを食ってない学者にきちんと検査をしてもらうまでは態度ははっきりと受け入れるのは早いと決めいておいた方がいいのではありませんか。

とにかく国家はいま嘘の塊であります。
警察ですらこの不祥事続きです。
マスコミも含めて今信用できるものがありません。
県内にしても中国の観光客がいい例であります。
県民の税金を何百万円も使っても受けがわずかの数万円とかの噂で、県の言う3億円の利益どころか平成の3億円詐欺にあったようなものであります。
一体、観光対策の責任はどうなったのか。

笛吹けど踊らず、いややっぱりカラスのホッカムリ、つまり口先だけの行政とか計画100点、結果15点とか私がこれまで訴え続けてきたことが事実となりました。
私はここらを毒まんじゅう、どころか気の毒すらも省いて徹底的に話を煮詰めていきたいと心に言い聞かせております。
また、鳴門病院は独立行政法人、三好市立三野病院のように県立病院でない病院の差もはっきりしてもらわねばなりません。
先日も石本なにがしという県の偉い人が今後は多額の補助金を県立以外の病院に出す方針を何か話していた気がしますが、県立が困っているのにここでいい格好されて、県立もダメ、他の病院もダメの虻蜂取らずでは絶対に許せません。

ここも心をより引き締めて厳しく追求していかねばなりません。
更には汚い電力会社の事であります。
徳島では電力が余っているはずなのに、また社長か、会長が苦しい表情の演技をして、夏の電力が足りないとか乗りきれないとか工場の電気を止めるとか、嘘の発表をして更に県民いじめの電気代金の値上げを打ち出してきます。

県は水力発電の電気を安く四国電力に売電しています。
四国電力はこれにかなり高いマージンをつけて県民に売ったのでは皆さん許せないでしょう!
ここは県がしっかりとするか毒まんじゅうを食わなくてもナヨナヨとニューハーフのようになるのか、ならさないのかも私達がしっかりとしていかねばなりません。
とにかく4月、新しい年度が始まります。
皆さん一人一人は真剣であります。
ただ狡い国、そしてわからない国会議員の世界であります。

例えば、国民新党の8人が2人を除いて一体いくらの毒ジュースを飲んだのでしょうか。
残った2人は煮え湯を飲み、6人が毒ジュース。
これ普通の人なら皆さん疑っているんです。
大臣ポスト、与党がそんなに旨味があるんですか、ここが癒着なんでしょ、だから国会議員は何をしているかわからないんです。
皆さん県議会、中でも徳島だけは与党と言ったって何のいいこともなく、野党と言われても何の不自由もないんです。
それだけ清潔でまともで公平な行政が行われているんです。

これだけ本音を話し続ける私が言うから間違いはありません。
国会も県議会くらい公平なら、また話が違って参りますが。
いつもええ格好を言うコメンテーターさん、亀井代表らは最後まで筋を通すのですか、それとも何処の場面で毒ジュースに毒まんじゅう、更には毒デザートを食べるんですか、教えてください。
今注目されているんです。
人間の本能はどういうものか?

又、わからないのが全国紙やNHKで報道し続けた徳島県警の小松島署の不祥事は何故、地元紙が隠し続け、後でチョコっと出したのか。
ここに貸し借りはなかったのか、いろいろ疑問はありますが、なぜか結末がわかりません。
今、とにかく欲求不満が渦巻いているんです。
何か心がウキウキするくらいの良い事がありませんか?

これも民主党の良い事づくめの公約破りは全然マスコミが書きません。
いや書けません!
ここにも民主とマスコミの癒着は無いのでしょうか。
国民騙しをホッカムリして黙り、自民の阿呆さとか県議会の定数とか突っ込み不足とかはすぐに書けるのに、いかにも甘い民主党への扱いにも不満が募ります。

新年度はまず、霞と黄砂の上に花粉のまるでお先真っ暗の見通しが立たない、彷徨える子羊のスタートとなりましたが、元気に活力を求めて頑張っていきます!
しかし皆さん、東京電力はヤクザよりも汚い、狡い、そこが基本となっているという私の信念も少しはご理解いただければと思いますが、これまた私の心の中の思いとつぶやきですので、あまり気にしないで下さい!
エエ独り言ですから〜。