嘘つき民主と煽るだけのマスコミは信じない


3月もあっという間に終わります。
何をしていたのか?
思う間もない早さであります。
2月逃げる。3月去る。よく言ったものだと改めて感心をしています。

そんな中、ガレキ処理が日本中を走っています。
放射能が日本中を走るかも知れませんし、そうではないかも知れません。
何と申しましても今の民主党はその辺りを明らかにしません。

タダ日本人が弱い、お互い様、絆、人情...
ここが民主の狡さと言うより、政府から毒まんじゅうを食べさせてもらっているのでしょうか、それともまだ何か理由があるんでしょうか。
マスコミの態度と姿勢がよく判りません。
徳島は日本でも有数の放射能汚染のない安全安心な農作物、魚介類の特産物で有名であります。
その徳島を一時の感情で放射能まみれにする訳にはいきません。
人情か徳島の将来か。
でもここに一つ悩みがあります。

今の民主党政府では何を言っても信用出来ないからであります。
とにかくマスコミ毒まんじゅう漬けとの噂が高い今日この頃であります。
ガソリンが150円を超えたらガソリン税を無くする→これ真っ赤な嘘。
マスコミも一言も言いません。

高速道路の無料化どころか、徳島は500億円も国に取られて、1回175円の値上げ、一体どこが無料化なのですか。
特別会計を止めるから消費税を上げるどころか、まだまだ税金を下げます。→これとて消費税10%アップどころか次々と、増税を計画しています。
そして一番酷いのが自民党が大敗の原因となりました、75歳以上の後期高齢者の医療費は元の無料に戻します。
どころか窓口では逆に高くなった気がします。

年金とても嘘ばかり、もっと酷いのが土地の値段がこれだけ下がっているのに何故、固定資産税が逆に高くなるのですか。
これじゃあ、年金生活者は死ねと言っているのと同じなんです。
それについて質問したり、問題点を追求する国会議員は黙って月50万円の給料を上げておきながら、この頃になって月14万円くらい下げると大きな見得を切りましたが、いつの間にやらこの話しも消えております。
皆さんこれが国であり国会議員なのであります。
こんな国や国会がガレキは安全安心だと言いましても、どこが信用ができますか。

皆さん、一時の人情、そして一時の感情の高まりよりもむしろここは一歩踏みとどまって完全に放射能汚染が無いと、確認出来るまで、それも国の役人でなく、第三者的な学者に頼んでの調査、検査を待ってからの返事にすべきだとは思いませんか。
そして県内の市長や町長がガレキを受け入れると言っていますが、それならまず自分の庭か、家の前で処理してもらえばいいんです。

特に口では格好を付けて結局は山の中とか谷底とか過疎地の処理施設を考えているなら、これくらい地方の山間部をバカにした話しはありません。
まず都市部で処理をすべきであり、ここらをはっきりするまで簡単に人情論に走らないで欲しいですね。
徳島は財政上もワースト2、国体もビリの方、糖尿病と腎臓病だけ日本一。
ここにガレキ処理の数字だけ日本一となりますと、困った指数日本一などとなりませんように今から祈っておきます。

さて、そのマスコミいや、地元の新聞でありますが又、恒例によって県議会の悪口を書いてしまいました。
しかしこの議会中、私が聞いていただけでもかなり、突っ込んだ厳しい質問が出ておりました。
ガレキ問題などはかなり長時間掛けておりました。
その他、中国とのおつき合いと金を掛けるならいやこうすれば良いとか、ここに書こうにも書き尽くせないくらい濃い議論をしておりました。
記者は居眠りとは言いませんが、何か他の事でも考えていたんでしょう。

書けないこと!書かない!何もしない!
それでいて追求不足とか不完全だとか言うんです。
人を批判する前にまず、記者の能力を書けばいいのではありませんか。
人の批判の前にまず、地元紙として何をすべきか。
そんなに言い切って議会の質が低いと思いなら、まずペンで県の問題点を批判してみて下さい。
記者発表抜きで自力で県の裏話を取材して書いて社会問題にしてみて下さい。

何故マスコミの一部の人が自分たちだけは、最高で地べたで一生懸命やっている人が突っ込み不足なんですか、県庁が売り込んできたネタを質問にしているなら、その部門はここでここが知事の宣伝に使われていると書けば良いじゃないですか。
私ははっきりと言います。
自分の足と耳で、いろいろな人と接触をし、様々な問題点を調査し、自分の手で自分の口で県庁と知事に真っ正面からお伺いをし、県庁側も真剣に答えてくれているんです。

今の議会のあり方が続く以上、議員はその規定の中でやる以外に無いんです。
地元紙がそれがいけないと言うのならそこを変えて下さい。
日本全国統一されている以上、なかなか思い通り行きません。
又、記者が言う通りになったとしてもそれはそれでまた違った問題点として書くでしょう。
完璧は無いんです。

記者いや地元紙の皆さん、議会が最高とは言いません。
でも議会でも取り上げた事を参考にしてより良い施策を県に求める記事、あるいは議会で出なかった問題点を何故ここを突かないとはっきりと書けば議会も活性化されます。
記事で私達が『あっ!』ここを忘れていたと頭をかく記事が書けてから私達を批判して下さい。

単に議員の人数が多すぎるだの、活性化がないだの言って地方の議員をいじめるよりも国会議員が地元にどのような事をしてくれたのか、県民の願いが立法府たる国会で十分に機能を果たしているのか、議員が東京で何をしているのか、そう言った事についても取材して県民に知らせるのも記者じゃないのでしょうか?
私は記者時代に議員を批判する前に議員が追求しきれなかった事を普通のニュースでなく、特別枠ニュースとして、記者解説をやっておりました。
そのため県幹部や議員のところに夜討ち朝駆けと言って、個人的に取材して回りました。

決して電話一本で片付けたりせず、人間として対面してお話を聞いておりました。
今は対面どころか電話一本ありません。
私が記者時代は先輩から「記者クラブであぐら記者になっては許さんぞ」と「足を使って歩け歩け車に乗るな、自転車で行け、途中で道の花に、風にそして人々の顔を見て生活の中のニュースを書け」と指導されました。
その気持ち、今も忘れません!

さて、それはそれとして先日の連休、孫が帰ってまいりました。
もう孫が来るとなりますと我が家は大変。
畳が汚れていては病気になる。
空気をきれいに自然の風はちょっと寒いし、暖房がきついと困る。
あれ食べるかいやこれ食べるのか。
もう家内は大騒動。

来れば来たで妻はもう「あ〜!」と声ばかり、その間の事は、皆様タダあきれるばかりですので省略しますが、数時間居ただけで妻はもう声が出ないくらいの体力消耗。
両親の法要を前にした襖障子は赤のマジックの大きな画用紙、そして穴のあいた替え立ての障子。
でも穴のあいた障子は孫が元気な証拠。
妻の疲れは愛情の証明。
気持ち良く帰路についてくれた我が息子夫婦は時間外手当稼ぎか、しばしの息抜きか。
いずれにしても久し振りに生きている、そんな忙しい一日を過ごさせてくれた孫に感謝。

でも明日から、寂しいよりも妻がきちんと動いてくれるのか孫への笑顔の分私に当たって来ないのか多分掃除、ゴミ出しは私の役目か、いや洗濯干しといて、アイロンかけといてまで、やってくるのか、おそるおそる、孫の顔を覗き込んでいる私、来代正文であります。
がそんな中、間もなく来てはいけない川柳を見つけました。
「はい、あ〜ん」若かりし時の愛情が「はい、あ〜ん」今老いた妻(天)への愛情だ。
時間の来るのが怖い年齢にさしかかりました。
おい妻よ、もっと亭主を大切にしろ。いや違います、奥様どうか私めをいじめないで下さい!

そんな夢を、いや妄想を抱きながらブログを書いていますが、このところ私のツイッターが何故か面白いと言う事でフォロワーが130人近くになりました。
いろんなご意見や情報が入ってまいります。
Kitadai-kengiで見られます。
どうかお気軽に覗いて頂ければと思います。

もうそろそろ4月、新年度が始まります。
人事もあります。
喜ぶ人、怒る人、人生いろいろであります。
私のように末端を決め込んで池田の山で一般市民いや一生懸命生きている人や孫の笑顔だけを見ておりますともう気分は最高です。
どうか皆さん、のんびり生きましょう。