県議会質問・仕込み中


2月県議会が始まりました。
盛り沢山の新規事業が盛り沢山に提案されています。
ところがどうでしょう、これが殆どが毎年議会の度に出ている事業なのです。
皆さん、いや徳島県の職員はもう行政を預かるより、リサイクルショップをやった方が向いているのと違いますか。
県庁職員の職業別はリサイクル専門官とかえましょうかネ。

私も今3月1日の手前11時20分からの本会議質問を考えております。
あちらをたてればこちらが立たず。つまり、私が一方的に攻撃したところで金もない閉塞感だけの徳島でこちらの思惑通り答えられる訳がありません。
さりとて出来ない事や遅れているところを強調して、相手が頭を下げたところでその責任は全て知事になります。
県に金がない以上、つまり徳島県民の税金が700億円しかなく、県庁職員の人件費や電気代で3000億円以上を使い、しかも生活保護や県の借金の利子などを払うとなりますと大変なんです。

国会議員や国の役人は黙って給料50万円を上げて、ここに政党助成金1億円、JR乗り放題しかも全部グリーン車。
給料や文書費など入れて年間約5000万円。
仕事はしない、税金から金は使いまくり、国民の税金は上げる、年金は下げる。
しかも日本を安売りする自分勝手な官僚の言いなりになる...
その陰で出てくるのは国会議員の女性問題も含めたスキャンダルばかり...

これじゃ、国民はやっておられません。
つまり国会議員や国の官僚と比べても、県庁職員も県議会もかなり真面目にやっているんです。
知事は年間1000万円にほど遠い給料しか貰っていないんですよ。
しかし、私の見るところ本県選出の国会議員の数倍は働いている気がします。
だから、力を込めて攻撃するのにはちょっと気が引けるんです。

でも私は私情を挟まず県税を払い家族の為、県の発展の為夢と希望を持っている胸の内の代弁者としてしなければなりません。
あの世界のオバマか、飯泉知事、いや発進力なら橋下市長が超優れています。(弁舌と笑顔と怒る振りは...)
ここに食い付いていくんです。
皆さん私の苦労も察して下さい。

さてさて、質問の材料は大体揃いました。
県全体の事、そして地元三好市の端から県全体へ、更にはこれまでの県の出来なかったと言うよりはあえてしなかった様々な事業。
また、間違った人事。
私の言いたい事は今、数十問ありますが、時間の関係もありどれを選ぶか迷っています。

知事の弁舌に対する私の情報。そしてひょっとすると1人か2人くらいには厳しく当たらねばならない余りにも酷い県の失政事業。
そして皆さん、議会は私一人の質問ではないんです。
私は前から5番目、私の後ろに6人と、全部で11人が3日間、1人約60分から70分で質問する規定となっているんです。

1人1人が1日やるのならこれまた手法が違いますが、全体の事を考えると時間を守り、他の人と同じ事は言えない。
退屈すると皆さん疲れて寝てしまい、何を言っているかも判らない。
理事者はわざとに、判らないかどっちとも取れる狡い答弁でごまかす。
このごまかされるか、ごまかされないかが議員の質なのです。

だから皆さん、出来合いの質問か、質問力も議員の力か、特に今回は吉野川の実力、男前、資金力、話術、全て取り揃っている素晴らしいK議員。
あるいは私の友人で人物最高、巧みな話術で渡哲也さんを思い起こさせるS議員。
若手で頼もしいN議員、あるいは F議員ら、弁の立つ人が盛り沢山の面白い展開が予想されています。

そこで皆さん、マスコミは勝手に突っ込み不足とか話題が足りないと言いますが、時間と県の仕事の内容を考えますと60〜70分では時間が足りません。
マスコミの記者の皆さんそんなに県議会がトロコげに思うならまず、自分でやってみて下さい。
自分で突っ込んでみて下さい。
とにかく、いつもは仲の悪い職員も全体でガードを固め情報を隠し、私達を遠ざけてくるんです。

しかし、議場となりますと想像では言えません。
県議会議員は会派があるとはいえ、皆1人1人なんです。
自分の情報で自分の力で自分の喋りで責任も自分となりますと何千人で固まって来る県に正面から向かっていくのは至難の業であります。
マスコミの期待する「竹を2つに割ったような」、まして記者が納得する言葉は県ではなかなか言えないんです。

答弁の一つ一つに数人の偉い人のチェックが入り、最後に知事が決めるのでありますが、これがまた大変なんです。
まあ、私はここを1人の実力オンリーワンと名前を付けているのでありますが、これとて大変であります。
いずれにしましても理事者の皆さん、質問は26日の日曜日と27日の月曜日に仕上げます。
内容は企業秘密でありますが、通告はそれに似ております。
しかし、その日の内容なので多いに勉強もいると思いますよ。

皆さん3月1日午前11時20分からですお楽しみに...