心が荒んだ公務員や議員


今年は寒いですね。
池田は寒いです。
特に明け方になると急に首や背中が凍ってしまうくらいの寒さです。
これでは財布も心も寒く、薄く、空は灰色、鉛色そんな中、テレビはどのチャンネルも消費税の値上げ、電気料金の値上げ、野菜は高い、りんごも高い物価は上がる。
そこに来て諸物価の値上げ続き、マスコミの皆さん、ここを分析して報道しないのですか?
つまり政府は別々に値上げを打ち出していますが...

所得税は25年間、復興財源として上がる。
年金は下がるのに加えてその取り分に税金をかける。
東京電力は自分たちの日本一恵まれた給料他、全部守られ、その分を国民の責任にする。
これらを一人の男性とか女性の減る収入、取られる税金など負担増、そしてこれが基本となり、さらに取られる地方の税金。
問題はここです。

今、税金を上げることを論じている、国会議員はじめ、学者のような人、ただテレビに出たいだけの人が一体、一般市民の生活がわかって、しゃべっているのでしょうか。
例えば国会議員は年間一人で1億数千万円の収入を国民の収入や助成金を受けているのに加えて、飛行機、JRグリーン席全てタダで乗り放題のようであります。
私たちは徳島、東京往復6万円をこします。勿論1回で...

国家公務員の給料は上げる。
自 分たちは税金で恵まれた生活を送る。
こんな人達が国会やテレビの前では対立しながら、陰では...特に自分たちの特権になりますと誰もが黙ってしまう!
政党に関係なく、ずるすぎるのが国会議員の体質との声がしきりに聞こえますが、何故マスコミはここが書けないのでしょうか。

テレビを見ていて腹が立って来る人がかなり多いのは、私が各地を回ってのあらゆる会合で皆さん怒っています。
例えば国会議員の給料にしても野田総理が国会議員の給料を下げると言って新聞のトップに載ります。
その陰で同じ民主党の輿石幹事長が国会議員の給料は下げないといいます。
これがマッチポンプで一体本音はどこにあるのでしょうか。

皆さん、このずるい体質が国会議員なのです!
だから小選挙区で落選しても自分は助かるように比例復活だのと、ずるい選挙方法を止めることができないのです。
今の国会議員は全部入れ替えて、真の意味の国民生活を考える、金の亡者でない良い人を選びなおさなければいけません!
現国会議員よ、国民の信頼を失くしていることをもっと知ってくれと言いたいのであります!

次に腹が立つのが政府はすぐに今の日本は非常に困った状態だ!
これは国民すべての責任だとすぐに言います!

皆さんそれなら私達に政治とかお金の使い道で何か相談を受けたり、携わらせてくれましたか?
官僚が一方的に勝手にやっておいて、国会議員にパーティは止めさせるから政党助成金を上げましょう。
日本よりも金持ちの中国やインド、アフリカにもたくさんのお金を上げましょう。
そして自分たちは国民よりもはるかに高い年金を取りボーナスも上げましょう。
私達だけだと目立つから国会議員も給料を月50万円上げましょう。

これらの結果じゃないですか。
しかも東京電力は自分たちを守ってくれる国会議員のパーティ券は何億円も引き受けているのではありませんか。

そしてこれの責任を国民総責任というのはちょっとおかしくありませんか。
まずこんな国にしたのは官僚の間違った旋策じゃないですか。
それを認めさせた大臣じゃないですか、責任はお前らが取れ!と私は言いたいのであります。

まあ国や国会議員に腹も立ちますが先日、県の幹部にもちょっと首を傾げる出来事がありました。
それは浄化槽の件でありますが、つい先日私ら県西部の各家庭に浄化槽の点検を受けてないから法律によって罰するが如きの、ものすごい手紙が配達されました!
そしてちょっと前にはあなたに罰金30万円がかかりますとも書いたような手紙が来ていただけに、わたしの周りはパニックの状態となりました。
皆さん、県の大幹部さん、その封筒は県の封筒なのです。
つまり県から来たのです。
ところがその中に業者あての返信封筒が入っており速やかに業者に来てもらう日を出せと言うんです。

一般の人は県が業者とつるみ、まるで罰金を取られると皆さん恐れ、怯えているんです。
私は県の幹部と非公式にこれはちょっとヒドイと相談したんです!
浄化槽の点検の法律は別に反対してない。
法律があれば、悪法でも法律は法律だ。

しかしいきなりそれもまじめに静かに暮らしている家庭にまず罰金が30万円だと脅す手紙を出しておいて、そのあと更に法律文と罰則のところを羅列して出すのはちょっとおかしい。
まず、点検ができてないから早急に検査を受けてくださいと書き、県民にまず理解を求めるのが第一手段であって、何故最初から脅しともすぐ逮捕でもして罰金を取るといういわば、脅しの文書を出すのか、なぜ県の文書に特定の一業者あての封筒を一緒に入れるのか、これでは誰が見ても県と業者の癒着とか、かなり親密な関係と受け取るのではないかと話を進めました。

県幹部は「来代議員さん、なんとでも言えばいい。私は自信を持ってやっている。例え相手が強い人でも弱い人でも私の前ではたった一人の県民だ。あんたが何を言っても私はやるでよ」と大きな声を出した上で私に「ほなけどあまり要らんことを言うと損するでよ」といったようなものすごい言葉で私を恫喝したような気がしました。
たしかにこの日は部屋の片隅の小さい椅子の上での非公式な話でありますから雑談の一種で私としてはこれ以上何も言えず、ただ黙ってしばらくは次の言葉を出しませんでしたが...

振り込み詐欺が増えており、お年寄りが被害にあっている。
県からこんな強い文書が来て法律とか罰金のことを書いてあると電話とか文書は全て県の指示と誤解をするだからこそ、相手を見て文書を出せばいいと思いちょっとだけ私がその点に触れますともうこの幹部の眼鏡の奥の目が燃え上がり「こっちはいちいち相手を選ばんといっただろ。県民は誰でも県民じゃ!」と更に大きな声が私に飛んできました。

まあ、自分の弱さを改めて思い知りながらあえて一言申し上げます。
県のエライ人や幹部さん、県西部には僅かな年金でその日その日を慎ましく静かにやっと生活ができているお年寄りが多いのが現状なのです。
もう少し優しくできないのか、なぜ県民目線になれないのか?

何故誰が聞いていても業者側の発言と取れるような言葉になるのか、県庁の封筒で送られてきている現状を正当化するのか、たとえ正当でも業者に便宜をはかっていると取れるような行動に対してどうしてあのように強気になれるのか、摩訶不思議であります。
法は法ですが、その目的は罰ではなく、平穏公正な社会づくりです。
運用者によって暖かくも冷たくもなるんです。

あまりの強気の対応に私は自分の無力さと恐怖を覚えながら弱者の立場の行政をお願いする以外に手立てはありませんし、その話が聞こえてきた別の人はひょっとして業者とのどのような関係がと心配の声もありましたが、それは私は関係ないと確信していますがどのような事実であれ、徳島県県民局の封筒に業者への返信用封筒を入れるのはあまりにもひどいと思い、つい私の正義感がとった行動にこの県幹部に恫喝される数時間でありました。

後で他の幹部の人に話を聞きますとあの幹部は良い人なのになんで急に業者よりになったのかなぁ。
私なら来代さんのいうようにまず誤解を受けるような文書を出さないし、もっと考える。
指摘されたら、これまた考えるのになぁと話していました。
今隣近所からその文書と県の封筒を貸してもらっています。

やっぱりここ、知事さんならどんな態度だったか聞いてみたいし、県民の生活を一番と考えてくれる知事はじめ、県の答弁者の役になる大幹部にきちんと聞いておいたほうがいいのか、今相談中であります。
でもやっぱり私の力不足と押しの弱い、そして気の弱い人柄だけの来代の数時間辛くて、寝こむ。
寒い寒い一日でしたが、私がひょっとしてうつ病になったら先日のあまりにもひどい(私の感想ですが)県民からかけ離れたお答えが(非公式ですから、雑談ですが...)大きな原因でしょうか?

その他の県幹部さん、来代はこのように押しも、気も弱すぎる、考えこむ性格なので、これ以上いじめないで下さい!
この話は私が記者時代なら面白いネタ話とは思いましたが、残念ながら今は弱い立場、心の中で国も県も今、国民や県民は『菜種油か雑巾』とおなじ、つまり国や県から見れば国民と菜種油は絞れば絞るほどよく油が出て、県民は雑巾のように絞って絞ってパンパンと叩くほど、よく働くと何か勘違いする県幹部がこれ以上出ないで、国民いじめを繰り返す政府の心無い官僚に天罰が一日も早く下ることを夢見ながら長〜く、寒い、暗〜い鉛色の雪雲の下から、10日くらいお別れをします!

尚、私のツイッター、またフォロアーが増えました。
一度覗いてみてください!