何も信じられない


徳島県議会は6月議会が閉幕いたしました。
国の方は開会休会をしてやっと再開の状態でありますが、やめるはずの菅バカ総理がやめるのをやめたのでしょうか。
次々とパフォーマンスを繰り出しています。

それにしても皆さんはどう思われますか?
例えば津波、地震は近いか遠いか、将来の話であります。
今一番大切な事は進行形の原子力、つまり放射能対策であります。

放射能に汚染されたり被爆いたしますと場合によっては一生病気との戦いであります。
徳島はどうやら原子力問題に一番無関心な県なのでしょうか。
先日の議会の中で私は県はあまりにも原子力対策に無関心すぎる。
もっと真剣に考えるべきだとして県の原子力対策に企画院室を設けたから安心だとする県の理事者に対して苦言を呈しました。

ところがどうでしょう。
県はその責任者に知事どころかずぅーとずぅーと格下の副部長を当てるというのです。
今、県庁を上げて取り組まなければならない時にこの計画ではやらない方がましであり、県の組織が動いたり、機能するはずがありません。
私はそれはおかしい、県は計画だけを立てればすべて満点で終わりかと強く申し入れましたが県幹部は聞く耳を持ちません。
とにかく上目目線でのらりくらりのまるで菅総理の答弁のようであります。

そうしているうちに福島原発の影響で牛肉が放射能汚染されていたことが明らかとなり、その汚染肉が特使な県内で販売されていたこともわかりました。
一体、県は何をやっているのでしょうか。
徳島県は計画だけを発表してあとは何も知らないとたかをくくる機関になってしまったのでしょうか。
今こそもっと真剣に放射能対策を考えるべきではないでしょうか。

安心、安全、これは知事の一番好きな言葉で県民に取って最も大切な、いわば、飯泉知事の政治の根幹ではなかったのでしょうか。
だからこそ縦割り県政から全庁行政に関わるためにもここはひとつ、知事を本部長とする原子力安全対策に乗り出し、ウソの塊の電力会社やごまかしの菅政治に対して強い姿勢で望んでいただきたいと思います。
県庁職員も知事の顔色ばかりを伺うのはしょうがないとしても飯泉知事に「なんで...」と言われないためにも県民のための行政に真剣に取り組んでいただきたいものです。

計画、案、夢 これらは言葉として素晴らしくとも絵に書いた餅は食べられません。

また、案は案以上のものではありませんし、夢は夢だけであります。

県民本位の県行政はこれらの夢と計画をして案の実現であり、県庁は県民のために働かなければなりません。
勤務時間を早めたり遅くしたりして電力節約といいましても夜遅くまで電気がついているではありませんか。
知事はじめ素晴らしい案を発表する県幹部の皆さん、夜9〜10時すぎに県庁を外から見てください。
いかに省電や時間外手当カットといいましても、人事課が一番時間外手当を取っており、続いて財政課が目立っていたのでは県職員に示しがつくわけないでしょう。

さて、それはそれとして、国の政治でありますが、菅バカ総理さん、東京電力の失敗をなぜ私たち国民すべての人が責任を負って、血税が東京電力に変わって補償に使われるのでしょうか。
東京電力の役員は国からの天下りが多く、莫大な給料を取って、何の責任も取らず国民にツケを回すのはおかしいと思いませんか。
例えば、今度の牛肉汚染にしても元々は東京電力が一番悪いはずではなかったのですか。
それを牛に餌を与えた農家や肉販売業者が悪者になって、東京電力は知らん顔をしています。

マスコミもなぜほっかむりするのでしょうか。
ひょっとして、まさか鼻薬など効かされているんでしょうか。
疑いたくなるような今日この頃のニュースであります。
一番悪い東京電力のずる賢い幹部をもっと叩くべきであります。

本当に日本人はおとなしすぎます。
怒りを忘れております。
これも検察や警察が一方的に国民を弱くしすぎたからではないでしょうか。

とにかく今の日本は真っ暗闇に向かってまっしぐらの状態と言っても過言ではありません。
菅総理、民主党のウソ八百集団とそれに対して何も出来ない自民のガキ集団。
ずる賢い、みるからに悪人面の亀井国民新党総裁らがはしゃぐほどに日本は政治不信に、政治不安になっております。

我々のように力がなくとも、金がなくとも、少しでも役に立ちたい、困った人のために何が出来るか、そして権力に負けず、とにかく本音の政治、本音の付き合いができる明るい世の中が一日も早く来ますように...
そしてずるい東京電力、ウソつき民主にずる賢い菅総理はじめ、「もういいでしょう国会議員」が一掃されますようにと、先日、七夕さまに祈りましたが効き目はあるのでしょうか。 今、歯ぎしりを噛みながら夜空を仰いでおります。
皆さん、夏バテにはご用心、ご自愛ください。