万町皿屋敷


うっとうしい梅雨がやってまいりました。
もうすぐ夏です。
不快、汗だく、イライラ...
今から考えるとぞっとしてまいります。

そんな時は怪談で涼を求めるのも一考かと存じますが、今巷(ちまた)では番町皿屋敷ならぬ万町つまり万代町幽霊屋敷が話題の中心となっております。
万町幽霊屋敷といってもこれ又今のスポーツ界にも繋がっているだけに余計に世間の話題を集めているのです。
つまり勝てない巨人、もっと勝てない阪神ですが、これは人気倒れの実力なしか、いやいや実力があるのに発揮出来ない「監督」が悪いのかそれとも両方悪いのか?
凡人の私では判りませんが、とにかく選手が与えられた仕事をしないから、全体が悪くなります!
例えばいい選手を「監督」や「コーチ」の好き嫌いでトレードしたり、そのポジションを任さなかったり、きちんと出来る選手をチャンスに交代させたりしたのでは勝てる試合も勝てません。

そうなりますと始まるのが、不平不満と人心は乱れ続きで、ついにはファンそっちのけの悪口合戦、全てが迷路、迷宮へと入り込んでいくのです。
今、舟木一夫主演の銭形平次が人気を集めておりますが、この歌のフレーズに『もつれた糸は解かねばならぬ』と言うのがありますが、指導者の皆さん、ここを忘れてはいませんか?
適材適所こそが選手もやる気が起きると言うもので、好き嫌いではまとまっていくはずもありません。

さて、話しは元に戻しますが、この頃の万代城、何がどうなっているのやら〜
とにかく、唐突、びっくり、そんな話しが蔓延しており、どこの誰が司令塔になっているのでしょう。
いろいろな意見が出てまいりますが、情報音痴で田舎に住んでいる私には何が何やら全く判りません。

昔「さそり」と言う映画の主題歌に『うらみ節』と言うのが流行りました。
『何が何でもやらなきゃならぬ、やらなきゃ私が殺される』そんな内容だったと思いますが、とにかく聞きたくない話も時折聞こえてまいりますが、結果的に適材適所でミスキャストでない事を願っておりますが、リーダーは口八丁手八丁でも、その取り巻きが自分の考えすら『話せない』『考えも判らない』ただ真面目なだけでは単なる部下であってリーダーの補佐にはなりません。
由紀さおりさんが今、テレビの懐メロで唄っています。
そのフレーズに「誰が悪いのか〜、今も判らない〜」と唄っています。
まあこれまで力を持っていた人が幽霊となってそうさせているのか万代城に何か異変が起こっているのか、とにかく判らない万町幽霊屋敷です。
今後のドラマの進行に注目、注目乞うご期待であります。

どうかこのHPを見ていて裏話を知っている人、あるいはひそひそ話でもあれば教えて下さい!
それも文書でも電話でも結構であります。
怖〜い、万町幽霊屋敷の成り行きを楽しみにしています。

さてさてそんな話しばかりでなく、現状についてもこの一言を聞いて下さい。
それは先日の県議会、防災特別委員会であります。
私の気持ちでこんなので『いいんかい』との一コマであります。
県庁4階にある委員会室には 危機管理部、県土整備部、農林水産部、保健福祉部、教育委員会ら、そうそうたるメンバーの他、病院局や道路局の他、県庁のトップが出席して所管業務の他、今年一年の目標について延々と説明をしていただきました。

どの部も東南海地震に対しては長々と説明はしているものの原子力、放射能については誰一人話しにも出しません。
徳島は原子力つまり放射能は絶対に必要ないし、あれは福島県の事として全く関係なしと言う事でしょうか。
しかし、食卓に放射能物質を含んだ食材は並ばないのか。
農地が汚染されて米や野菜不足にはならないのか。

愛媛県伊方町の原子力発電所から直線で110キロくらいの徳島県西部は原子力や早明浦ダム、池田ダムの決壊などの心配はないのか。
大気汚染で我々は何も心配しなくていいのか。
私達の子や孫、あるいは親族は関東地方に住んでいないのかに加え、来年の子供の就職対策は心配してないのか等々、いろんな課題はありそうなものの頭のいい優秀な幹部から何の話しも無い。
マスコミも全く関心がない。
果たしてこれで良かったのか。

原子力の爆発や爆発がなくてもその影響を心配する私が馬鹿なのか。
今日も一日モヤモヤしっぱなしの連続でありましたが、これも万代町皿屋敷ならぬ万代町幽霊村に向かって一直線を心配する私の取り越し苦労でしょうか...
さてそのマスコミでありますが、私達県議の顔を見れば定数のあり方を説き徳島がいつ、39人になるのか、いやいや大阪の知事の言う定数7人でいいのかとの話しを仕掛けてくれますが、マスコミの皆さん、いやここをご覧の皆さん今の国会こそ、これでいいのでしょうか。

個人の選挙は落選しても党の名前で当選させてもらい、途中でその党を抜けても職を失わないと言う誠にかってな比例復活なる選挙制度や税金から一人年間1億円とも言われる政党助成金を取り、パーティはやり放題でやる事と言えば民主党は嘘ばかり、自民党は何も出来ないやる気も無い。国会揃って国民そっちのけ、と国官首相はにたり顔のにやけ演説、一体国会はどうなっているのか判りません。

マスコミは弱い県議会をいじめる前に何故こういった国会をまともな、判り易い状態に導かないのかこれ又、理解が出来ません!
政治の原点は法律をつくる権限のある国会なんです。
何の権力も権限も無い県議会よりも狙いは国会ですよ、マスコミさん、よろしくお願いしますよ。
期待をしております。

その政治と政府の話しでありますが、原子炉に水を入れるのに総理が『待て』と言った、でも現場の所長の判断で「30分どころか、1分も休まず注入を続けた」と言った、官房長官と国対委員長みたいな人がマスコミも自民党も「謝れ」と言ったような内容のコメントを出しておりました。
ここが大問題なのにマスコミは書いておりません。
その一番何も知らないのに「止めろ」と言った総理のオンチ、頭の悪さは判りますが、それでも総理は総理であります。
その日本の代表の命令を無視して現場の一所長が自分の判断で原子力を扱っていいのでしょうか。

官房長官はここを何と思っているのか阿呆丸出しじゃないですか。
もしも徳島県で知事の命令を現場の所長が自分の判断で無視したとすれば、県行政は成り立ちません。
そこを何とも思わない阿呆長官、ここを気がつかない書けない、全く体をなしていないマスコミ、そしてそのマスコミを踊らしてパフォーマンスの橋下大阪府知事。

その大阪府知事が代表となるならば、関西州を中心とする道州制について、かなりの反発が出るのではないでしょうか?
いえいえこれは私の意見ではありません。
私のまわりにいる政界雀の勝手な意見でありますし、これ全て私の独り言であります。
なんと申しましても私の個人の雑記帳です。

気にしない気にしない
それよりも食中毒に負けず、蒸し暑さに負けず、不況に負けず、皆さん元気にこの梅雨期をのりきりましょう!

金は無くしかも気力は衰え、気弱の私、来代でありますが常に前向きに気分だけ若く頑張ってまいります!