高速料金は、無料ではなく「無理よ」だった


2月逃げると言いますが、その2月がやってまいりました。
国の方は何月がこようと国民そっちのけで汚い事ばかりやっております。
そんな中、また四国をバカにする話しが出てまいりました。
本四架橋...つまり明石大橋や瀬戸大橋の通行料金を1000円、2000円の単位で上乗せをすると言うものです。
更に乗り継ぎの場合は1500円、2500円といかにも安くする振りをして余計に金を取ると言うのです。
皆さん、元々はこの橋は私達の税金でつくっているんです。

更に徳島県人は私達の税金からこの上に500億円を取られており、まだまだ大金を取られようとしているんです。
つまり徳島県民は税金で建設費を取られ、更に県民だけ上乗せの金を取られた上に通行料金を上乗せで、またまた取られ、いわばトリプル損をさせられているんです。
一体高速道路の通行料を無料にすると言ったのは、民主党ではなかったのでしょうか。
高井代議士も仙谷代議士も皆さん民主党でこの公約を演説して、今にも出来そうに演説していたのではありませんか。
のど元を過ぎれば熱さも寒さも忘れて今その話しは一番に致しません。

また国民も県民もあの熱の入った演説と嘘の羅列演説を忘れ去っております。
いかにも人がいいのか忘れっぽいのか、頭が悪いのか、怒る元気さえ無いのか。
元気も無い活力も無い、こんな日本人に成り果ててしまったのでしょうか。

まあこの陰には何かと言うとすぐに苦しめる検察、警察の異常な国民いじめがありすぎるからかも知れません。
そんな中、テレビでは村木さんをモデルにした、検察のあまりにもひどい作り上げた事件に立ち向かう家族の実録が放送されておりましたし、元検事が「村木さんの事件は検察にも落ちがある、長い間苦労をさせた」としゃあしゃあと喋っていましたが、人の人生を苦しめ狂わせておいてこの一言でありますし、無罪で死刑の判決を受けさせて、人を苦しみのどん底にたたき落としてもそのときの検事や他警察官には何のお咎めもありません。
これこそが日本の一番悪い法律の一例であります。
検察、警察の中でもいい人もいれば、悪役人もおります。

日本は公務員は絶対に悪い事をしないとの基準で動いて来ました。
公務員が自分で自分をほめ、自分に都合のいい事ばかりをつくってきた「つけ」が今の弱い日本なのでしょう。
公務員の集団の中に一発ドカンとやってくれる何かが無い限り日本はますます弱体化し、ついには消えてなくなる日がまた、一刻一刻と近づいて来ている気がしてなりません。

そこに来て先日は中国からの買い物客が日本にバスを連ねてやって来て、100万、200万をポンと出して買っている姿がテレビに映し出されていましたが、この中国に日本はものすごい額の経済援助をしているんです。
日本政府は一体日本人を何と思っているんでしょう。
それを何かと言うと中国、中国と持ち上げてその中国には目の敵にされてまるで日本は中国の植民地かと疑ってしまいます。

こんな話しを自民党の国会議員にしましたが返ってくる言葉は民主はバラバラですとか、4月か6月に追いつめます、くらいの話しはありますが、さりとて「日本はこうする」とか「我々はこれをやります」の話しはありません。
まあ自信が無いのですね...人生にも政治にも...
自民はもっと強かった、そんな寂しい気持ちになりましたが、数日前の谷垣総裁の代表質問でもあまりにも顔と演説のイメージが一致せず「子供の学芸会だ」とか「弁論大会の佳作だ」とか悪口を言われておりますし、殆どの人がそう思っているんだから、やっぱり嘘つき民主に勝てるパワーが無くなってしまったのでしょうか。

私が自民党の国会議員か役員で、ものが言える立場なら「まず一番は年金を上げます」「公共工事は増やします」「少々インフレでも言い、土地の価格を上げます」「今のいい畑でものをつくらず、悪いところで工作せよ...」との農業政策は全て見直します。
鉄製品とか日本に出来るものは全て自由に海外に出しますと言うくらい、思い切って日本の価値を高め、強い日本にしてインフレで金の価値を低くすれば借金は無くなる方法くらい取ると言えば、やっぱりだめでしょうかねー。

まあそれはそれとして、本当に少々思い切った政策がカンフル剤くらいの景気対策をとっていただかないとやっていけません。
そして、男性をもっと強くして女性がついてくるくらいの男性強化策を取るか、逆に女性と男性が入れ替わって、日本アマゾネス社会の徹底化でもはかり全て女性にでも任した方が上手く行くのではありませんか。
とにかく男が弱い、自民が弱い。だから日本が弱い。
もっとすっきりとしてはっきりとした、気分爽快な素晴らしい日本晴れの日本の早期到来の夢を見て、その時代をつくりたい、作ってみたい気は十分にあるものの、今の私の力では何百億分の一も実現出来そうにありません。

しかし今私、来代だけ本音で語れる人柄もいなくなりつつあります。
皆さん何故か、かみしもを着て、なにげに品よく、何か紳士で気力があるのか、無いのか...
そんな中で間もなく2月県議会が始まります。
いろいろな諸問題がありそうで私のところにもまずますの情報も入っております。

予算の項目をちょっと変えただけ、名前を変えただけ、そして何かと言いますと、阿呆の一つ覚えのオンリーワン事業の名目、更には事業名は大きく予算は小さいものから、鳴り物入りで始め事業がその実は全くと言っていい程機能していなかった事業、まあ探せば探すだけ問題点もあるものであります。
やはり県とて人間が動かしておりますし、県職とて仙人ではありません。
人は皆全て食べ分けて暮らしております。
詩吟の心ではありませんが、長い、短い、浅い、深い、高い、低い、清流、濁り水、これ皆人生と、甘いも辛いも噛み分けた人間模様であります。

ここで話しを突っ込めば私の質問の内容がバレバレになりますので、事前委からお楽しみと言う事で私のグチを終わっておきます。
まあ、民主政権のテレビを見るたび、何故か心が暗くなるのは私だけでしょうか。
とにかく今日はグチばかりでありますが、あまりにもひどい菅政権のていたらくや切羽詰まっていく政局...
ここをちっとも叩けない書けない発表だけのマスコミのせいがあるかも知れません。
特に地元マスコミの皆さん、弱い県議会を叩く前に何故、国会議員を叩けないのでしょうか。

例えば、税を上げる前に国会議員の政党助成金は...
定数問題は...
いろんな話題が山積でしょ。
もっと本物の記者になって下さる事に少々の期待を込めながらまた、一週間後くらいに....
(気にしない気にしないこれ私の独り言。)