無気力な政治は国を滅ぼす



暑い暑い夏も終わり、熱い熱い民主党の斗いも終わりました。
『夏草や強者どもの夢のあと』でしょうか。
何かむなしさとばかばかしさが残ったと言うべきか欲求不満の固まりが残ったのか何とも釈然としない毎日です。

これも秋本番とはいえ熱さが残り、菅改造内閣とはいえ何かすっきりしない物が残されたからでしょうか。
それにしても全く存在感のない自民党であります。
こんな自民党に誰がした。それは麻生馬鹿元首相の上目目線に他なりません。

安倍、福田と投げ出し政権のあと完全に国民から離れたのはあのバカ麻生の偉そうに、そして国民をバカにして偉ぶる我がまま、政治音痴とくればどうにもしようがありませんが、ここにあの森元首相とか古賀誠さんや伊吹文明さんと言った人相も態度もこれ以上悪いのがないと言う悪者オンパレードですからどうしようもありません。

本来なら自民党の中からこんな時代に誰がした
     ↓
お前らじゃ、責任を取れ
     ↓
一刻も早く隠居せえよ!
と言ってくれる力の強い人が出てくれば面白いのでありますが誰も出て来ません。
     ↓
これが自民党の弱い現実ではないのでしょうか。

三好市では敬老会が各校区ごとと言ってもいいくらい、40カ所近くに分かれて開かれており、土日祭日どころか平日も含めて各地区をかけずり回っており、これに各校や町内会の運動会が入ります。
それにしても来賓と申しますか、まあ名のある人つまり国会議員が挨拶しておりますが、皆さん一つ覚えの用に180歳もの人が戸籍に残されているとか、県内では100歳以上の人が何人とか、もう新聞の見出しをいかにも一番新しい事実かのように話しをしていますが、これを何時も聞いている私達は「あ〜あ、またか」と言った声なき声を胸に秘め、拍手だけしています。

ありきたりの挨拶は表では拍手、心の中では「あ〜あ」と言う声なき声を噛み締めながら、人柄だけで、あまり気が弱く口が達者でない私などは気が気でありません!

そんな中、県議会も始まりますが、私達は今その前の委員会が開かれております。
議会ではとにかくこの人が言えば、100店満点どころか300点にも500点にも聞こえ、他の人が同じ事を喋ると20点から40点くらいにしかならない挨拶、演説、予算の説明を飯泉知事が行い、理事者が知ったかぶりでとうとうと長い説明をするのであります。

しかし実際はこの不景気で税金の収入がない中、それほど大きな事業も政策もなく、ただメンタル面での内容が大きいのと、これまでに何度も表に出た物を予算の出所を変え、ちょっと名前を変えた物をいかにも新規の事業として発表してくるのでありますから、質問する方も大変な努力であります。

説明と雰囲気を盛り上げる能力の優れている知事。
それについていけない理事者の一部、更に知事の能力をいかにも自分の能力と勘違いしている知事の側近のでかい態度、それを素知らぬ顔をせざるを得ない気の弱い私達。

本当に地方の議会も大変でありますが、国会で民主党が表面だけ官僚抜きの政治主導をうたい、私達県議会も議会の活性化を唱えておりますが、頭が良くて狡い理事者に太刀打ち出来るのは果たして何人くらいの議員がいるのでしょうか?
     ↓
その国、いまは県議会よりも狡い、力が無い、何もしない、いわゆる無能力議会でありまして、これに格好だけのマスコミが早くも乗せられております。
     ↓
と申しますのも菅内閣がつい最近まで大きな見栄を切っていた衆議院、参議院の定数減については早くも見出しから消えました。
後期高齢者の保険料はそのまま取られ、政治家のパーティは止める変わりに1人年間1億円とも言われる政党助成金は取り放題、子供手当は半額に削る。
一方で子供のいない家庭の税金は上げてしまう恐れに対しては何の説明もありません。
うそつき、だましの民主党。

これに対して「馬糞の川流れ」つまりすぐにバラバラに解体されかかっている自民党。
     ↓
一体私達はどうすればいいのでしょうか。
いま地方の議会は県議会も市議会も含めて何か燃える機関の火が少しだけつきかかっています。

そんな中、近き阪神間の広域連合も具体的になって来ています。
もう国よりも州の時代かもしれません。
一刻も早く国会議員から州会議員のようなものが出来て、国会よりももっと一人一人の生活を考えてくれる身近なミニ国会のような組織が出来ない限り、長年植え付けられて来た国会も、国の役人も機能しなくなっているのではないのでしょうか。
     ↓
議員も国の役人も県の職員も市町村の職員もぬるま湯から脱却
     ↓
それがない限りいまの日本は救えません。
その実体が中国のひどい我がままであり何も言えない、何も出来ない、いまの民主政権であります。
中国の漁船が日本の海上保安庁の船に体当たりして来て、これを捕まえると日本に文句をいい、しかも休日の夜中に日本の代表を呼びつける中国。
     ↓
それに文句の一つも言えない日本。
表ではええ格好をして陰で謝っている日本。
     ↓
これを堂々と報告出来ないマスコミ。
     ↓
こんな現実だからこそすっきりしません。

徳島県でも県職員が友人の家に入った事実。
本人は調べに盗みが目的と言ったとか言わないとか...
     ↓
しかも仕事中に何回も何日も抜け出して友人の家に行っていた。
     ↓
完全なサボリであります。
     ↓
これをただの戒告だけ。
これまで交通違反でさえ懲戒免職にしてきた徳島県があまりにも煮え切らない処分。
     ↓
いいか悪いか判りませんが、何かすっきりしない県職員も多いのではないのでしょうか。
それともこの軽い処分には誰か裏の力が動いたのでしょうか。
そんな陰口が聞こえるすっきりしない毎日であります。

とまあいろいろ書きましたが、これあくまでも私の雑記帳であります。
全く他意はありません。私の独り言です。
気にしない、気にしない。
それよりも皆さん、夏バテはこれからです。
とにかく健康に気をつけて下さい!
心からのお願いであります。