おじいちゃんになりました


早くも6月梅雨時期です。
蜂は舞い、鳥はさえずり緑が目に映える…
そんな素晴しい気候はあったのか、なかったのか。
とにかく気がつけば6月です。

蒸し暑く、汗ばんですっきりしない、かと言って、朝夕はさむい。
皆さん風邪など体調の変化にお気をつけ下さい。

さて、政局は混迷、嘘つきは民主のはじまり、甘やかしダダっ子は鳩山のはじまり。
学校での陰の声、去年までは漢字を間違うと麻生太郎に言えと強気の子供。
現在では「嘘をつくとダメです。真面目にやりなさい」と先生が言うと「嘘をつかなきゃ総理大臣になれない」と言い返す子供。

まさに鳩山政権は日本と子供を潰し、小泉元政権は自民党を潰しました。
これだけ嘘といいわけで固めた日本ですが、どうして日本人は静かに黙っているんでしょうか。
怒りと行動を忘れた日本人。
とにかく精力を出している、韓国や北朝鮮。物凄い力を持っている中国。
もう日本には活力も元気も無くなったんです。
この原因の一番の罪はマスコミであり、何でもかんでも権力を出しすぎる警察や検察ではないのでしょうか。

税金を払っている人間をささやかな事で人権まで奪い、どんなに金をかけても将来のない税金を払っていない人の権利だけを大切にする。
義務--->例えば最低でも税金を払っている人を中心とした政治をして、そう言う人達を守るのが国家でなければ困るのではないのでしょうか。

そんな中、私事ではありますが、孫が誕生しました。
来代家はものすごく気が早く、いわゆる単純でおっちょこちょい。
私はその代表だったのでありますが、私の子供はそれに輪をかけたおっちょこちょいで気が早い。
私でも今の妻と付き合いをすれば親に話し、婚約をして結婚式、そして子供が生まれる。
我が子どもは全てを飛ばして、ある日突然「おぎゃ〜」と泣いている子供を連れてお土産ですと家に入ってまいりました。
『あっとおどろくタメゴロウ〜』なんて古いギャグがありましたが、私も妻もただ唖然。
何の言葉もなくしばらく無言の状態でありました。

私は自分が頭が悪く顔にも恵まれなかった為、せめて孫だけは勉強でもするか、プロゴルファーくらいと夢を持っていたのでありますが、実際、赤ちゃんが泣いておりますと、今は勉強などしなくていい。
走るのが遅くてもいい。
顔は不細工でもいい。
とにかく元気に育って欲しい。
ただそれだけであります。

人の気持ちはその時、その時の草の色かも知れませんが、一方では「這えば立て、立てば歩めのジジ心」とでも申しましょうか。
今の世の中、この孫の時代はどうなっているんでしょうね〜。

とにかく国会議員にしゃんとしてもらいたい。
地方は飯泉知事に将来を託して私はそのお手伝いをする。
そして明るく光り輝く徳島が実現出来るよう改めて決意をしたところであります。

さて、話しは県政に戻りますが6月議会が始まります。
民主政権が嘘ばかり、しかし実際困っているのははっきりしない国の方針の中での県庁であります。
これからどうなるのか、私達は一つ一つ点検をして言いたくなくても理事者に意見を申さねばなりません。
今その材料を揃えておりますが、この6月4日と18日、21日の分はもう材料が揃いました。
ただどこまで突っ込むのか迷っているところでもあります。
でもやっぱり、相手も人間であり家族がある事ですから、追い込み方もいろいろあります。
これまたその手順を考えているところでもあります。
乞うお楽しみ!とでも言うんでしょうか。

とにかく、いろいろ書きたいのでありますが、これから初孫をどうするのか、孫はかわいくても何の相談もなかった子供への対応や私の親戚への報告も含めて、いままだ頭がいっぱいであります。
とにかく私の人生は落ち着いた時がございません。
人生いろいろ、これもまた人生、とにかく孫の時代が良き時代となるよう頑張るしかありません。

皆さん健康にご留意を!