台所と団塊世代


そろそろ梅雨です。そして、夏がやってきます!
忙しくて休んでいましたHPの再開であります!
なぜ休んでいたかと申しますと、
まず、妻が足のじん帯を切りまして入院しました。
そして、検査、検査で落ち着く間もなく今度は自宅での療養であります。
まず、朝の新聞を取ってくることからコーヒーを沸かし妻の食事を作ってやらねばなりません。

◎フライパンにいたしましても一度熱を帯びさしてからきれいに拭いてその後に洗えばうまく片付くものなのです。
◎台所は味の素、塩など、小さな粉が点々としておりますと、汚くゴキブリがやって参ります。
だからすぐに拭いておかないとうまく片付いた気になりませんし、落ち着きません....。
まあこのように何でも一つ一つ手間と時間がかかります。
それだけ女性は男性の知らない努力と疲れがある大変な家事を体験させられております。

これで社会での仕事をこなしているんだから子育てはより大変だと理解しておりますが、どうも家事は男性の性格に合う気がいたしません。

だから男性は妻が働かなくてもいいだけの給料を出すような社会の構築をする責任が国にある気がしてなりませんし、また女性が社会に必要な分、男性が何の抵抗もなく家事ができる訓練を小さいうちからやっておかないとこれはもう大変であります。
特に私は昭和最後の男と張り切っていましたがどうも女性の前では小さな弱い男というのがわかっているだけにもう、どうしようもありません。

◎ただ、こうした中で国はひどいですネ。
今日6月1日からまたまた、税金が上がります。
といってもこれは実質でありまして、政府は決して増税とは言いません。
あくまで減税の中止でありますが、家計に入ってくるお金はどんどんと減り続けております。

30年も 40年もかけ続けさせ、将来に夢を与えながら突然と減らして嘘をついて国民をいじめる年金問題にしましてもひどいです。
自分たちの無駄遣いには何の弁明もなく私たち弱いものいじめをする国→それに何の文句も言えない国会議員て、いったい常日頃は何をしているんでしょうネー

特にひどいと思うのが、議員の定数であります。
徳島県内では50人もいた町村長さんや、町議会や村議会の議員さんも2/3の人たちが自らの首を切ると言いますか、国の方針で辞職を余儀なくされました。県議会も一部の会派の我がままみたいなものがまかり通った気がしてなりませんが、まあ定数を一人減員致しました。

皆がそれぞれ痛みを分かち合いました。
なのに国会議員はどうでしょうか。定数を減らすどころかそれには素知らぬ顔で、特にひどいのは小選挙区で「ノウ」あなたは衆議院には向いてないと言われたはずなのに復活当選とか何とかで大きな顔をしている姿にはどうにも納得がいきません。
やっぱり、自らが襟を正してこそ国民は納得するものなんです。
どうか定数減、それも小選挙区で落ちた人の復活当選なんてのは止めて、欲しいと願うのは私だけではないはずであります。

◎こうした中でまた、県議会も始まります。
大きな争点もそのうちに明らかになってくるものと思われますが、まず民間人による駐車違反の取り締まりや、新しい県民局の役割については意見が集まりそうであります。
今の法律は何でも人を取り締まるのが目的でその対策はすべて後回しになっております。

また、知事の言う1万人の雇用についてもいろいろな案が次々と打ち出されましたが、実際は景気のアップ任せでその実態は、と申しますと結果はどうであったのでしょうか。

◎話題は私が力を込めて提唱致しました、
団塊の世代のUターンや、再び社会での貢献対策にももっと具体的な話題に突っ込んでみたいと思っております。
でも、この話も議会で熱のはいった議論を致しましてもマスコミは若い世代の人ばかりでありますからそれほど取り上げません。
というよりは団塊の世代の厳しさ、つらさを理解しておりません。

若さゆえか、記者としてはまだ内容がわかってないのかは人それぞれでありますが、働くだけ働かされ、取られるだけ取られその後、何の明るい見通しもない言わば、使い捨てにされそうな団塊の世代の気持ちをもっと取り上げて欲しいと願うのも私がその団塊の世代だからでしょうか

◎また、国や県が押し進めて参りました市町村の合併が果たして、住民サービスの向上につながったのでしょうか。
果たして、住民の税金が下がって暮らしが良くなっているのでしょうか。

ここで一回その検証もしなければなりません。
ただ国の言いなりに行政をすすめてきた県に対してその責任はどうなるのか、それとも後は野となれ山となれ...ではありませんか、責任逃れをするのでしょうか。
これから誠治の目を良く見開いて頑張っていかねばなりません。

6月議会の開会を前にまた、新たな気持ちで私の雑記帳も情報を発進しなければ...と思っておりますが、これ全て私の心の中の雑記帳でありますからあまり、深くとらえないで下さい...
ええ、全て私の雑念であります....
ではうっとうしい天気の中皆様お体に特に気をつけてください。